【保存版】業務用エアコン修理と買い替えどっちがお得?

費用の写真 エアコン関係

業務用エアコンの永遠の課題【修理】vs【買い替え】

冬や夏場といったエアコンのトップシーズンになると出番の多いエアコン。トップシーズンに故障するとなかなか辛いものがあると思います。

購入(導入)して間もない時ならば、「修理しよう!」となると思いますが、導入してから数年が経過していたら、「これを機会に買い替えようかな、、、」なんて考えたりしますよね。でもその時に思うのです。

「これ、修理と買い替えどっちがいいの?

そう、家電につきものの永遠の課題【修理 vs 買い替え問題】 です。安い家電であれば、買い替えてしまおう となるかも知れませんが、業務用エアコンはそう安くもないので迷ってしまいます。大きなオフィスでは1機ではないので、結構まとまった金額が飛んでいきます。

そこで今回はめちゃめちゃ詳しくレポートしていようと思います。

エアコンの寿命と経過年数

業務用エアコンの平均寿命

使用する環境や稼働レベルにもよりますが、業務用エアコンの寿命は通常

定期的なメンテナンスなし7年程度

定期的なメンテナンスあり15年程度

と言われています。メンテナンスの有無で倍近く使えるかどうかが決まるのです。定期的なメンテナンスを行いっていた場合でも7年程度を目処に一度部品修理が必要になるケースが多いようです。経過年数別の対応は以下の通りです。

経過年数による対応の変化

1年以内修理で済ませた方が安い

購入から1年以内であれば、多くの場合は保証期間内に相当すると思われます。そのため購入した業者さんかメーカーに問い合わせるのがよいでしょう。この段階で新たなものに買い替えをご検討される方はまずいないと思います。

~~保証期間中の修理をする場合の備考~~

各メーカーや業者さんによってさまざまですが、保証期間中でも希に有料対応となるケースもあるようです。詳しくは保証書の規約に従って修理をするようなので修理を検討される際には一度呼んでおくとよいでしょう。

7年以内場合によっては買い替えがお得なこともある

保証期間が経過し、メンテナンスをして使っていたとしても圧縮機、送風機などの部品の経年劣化は避けられません。取り付けから全くメンテナンスをしないとこれくらいの期間を目処に寿命がやってきますが、メンテナンスをしているのであれば、これくらいの時期が小休憩の時期です。痛んできた部品の交換や修理を行うことで再び長く使うことが出来ます。

9年以上部品が製造中止になっている場合がある

エアコンの修理用部品の保管期間は概ね9年程度なので、業務用エアコンが新製品として世間に出回ってからこれくらいの期間が経過すると「修理をしたくても部品がない」ということにつながります。

「修理を考えていたが、部品がなく修理ができないことから買い替えをせざるを得なかった」といったこともよくあるので、この修理部品の有無を判断の目安としてもよいでしょう。

15年以上買い替えの方がお得

15年も経過するとどんなにメンテナンスしていてもそろそろ寿命です。そもそも修理したくても部品がないといったことも多いですし、何よりここまでくると新品にした方が電気代も圧倒的に安くなります。15年前の製品と現在の製品では性能が相当違い、かなりの省エネなのでランニングコストをかなり抑えられるようになります。

故障の内容で判断する

耐用年数内であればどんな故障も対応出来るわけではありません。中には耐用年数内でも重大な故障の場合には買い替えの方がお得になるケースもあります。

室外機の異常は要注意【コンプレッサーの故障】

冷媒の温度をコントロールするコンプレッサーはエアコンで最も重要な部分と言われ、ここが故障すると高額な修理がかかることも多いです。

コンプレッサーは室外機についていますが、【室外機から変な音がする】【室外機の振動が大きい】といった現象が出てきた場合には、コンプレッサーが異常を起こしているか、部品が摩耗して振動がでているというケースが多いので注意が必要です。

▼このエラーコードがでたら要注意▼

DAIKIN | F3|サーミスタ不良、ガス欠、圧縮機不良
三菱電機  | UC|圧縮機保護作動、パワーモジュール異常
三菱重工  | E55|圧縮機ドーム下センサ不良、室外基板不良
HITACHI | 20|圧縮機温度サーミスタ不良、室外基板不良
パナソニック | F93|圧縮機・基板・パワートランジスタ不良

 

暖まらない(冷えない)【冷媒ガス漏れの可能性】

こういった現象が起きた際の原因の一つに「冷媒ガス漏れ」があります。冷媒ガスとは熱をコントロールする上で必要不可欠なものですが、それが漏れてしまうと空気を暖めたり冷やしたりすることができなくなってしまいます。

そして何より厄介なのが、もしこれが原因の可能性が高い場合「耐圧試験」という検査をする必要があります。耐圧試験は室内機・内外渡り配管・室外機と3箇所に分けて試験を行うため時間も費用もかかります。場合によっては数十万かかるケースもあるので修理の中でも比較的高額な部類になってしまうため、買い替えを検討した方が良い事もあります。

冷媒を詳しく知りたい方は▼▼こちら▼▼(DAIKIN【公式HP】)

DAIKIN【公式HP】 冷媒とは?

▼このエラーコードがでたら要注意▼

DAIKIN | U0|冷媒ガスが不足していることを検出しています。
三菱電機  | U2|冷媒不足、49C作動、サーミスタ不良
三菱電機  | UL|63L作動、冷媒不足 、ガス洩れ、冷媒回路詰まり
三菱重工  | E57 |冷媒量不足・ガス欠、冷媒回路詰り
HITACHI | 08|吐出ガスサーミスタ・電子膨張弁故障、冷媒不足、基板不良
パナソニック | F91|冷媒洩れ、冷凍サイクル系不良

修理する場合の費用目安

修理にも軽いものから重度の修理までさまざまあります。業者さんによって金額は変わってきますが、修理金額のレンジとしては以下の金額帯で修理を行っている業者さまが多いようです。

【5千円~2万円程度】吹出しルーバー異常、温度センサ不良
【2万円~10万円】ファン・ファンモータ交換、基盤交換、リモコン不良、ドレン異常
【10万円以上】コンプレッサー交換、熱交換器交換、ガス漏れ修理

修理の注意点1:追加費用の有無

費用の写真

見積は業者さんによってかなりマチマチです。当然高いところもありますし、異常に安いところもあります。高いところは「こういったサービスがついていて、こういった部分まで対応しますよ!」といった当然ながらサービスが充実しているケースが多いです。

反対に「異常に安いところ」は最初にでてきた見積でいざ依頼をしてみたら、「これなら追加で○○円かかります」「それをするには追加費用です」といった形で発注後に費用が発生することがわかり結局は高くついてしまった というケースも多いです。

本来であれば、見積の段階で「これ以上かかることはないか」「考え得る追加費用はあるか」といったことを確認するべきですが、時間が無い場合にはこういった部分をないがしろにしてしまいがちです。費用内で「できること」「できないこと」は事前に必ず確認しましょう。

修理の注意点2:費用の相場感を知る

出来れば、いくつかの業者さんから見積をとること(アイミツ)をオススメします。修理すれば再度使えるような故障でも、買い替えを薦めてくる業者さんも居るようです。その買い替えという提案が妥当かどうかをまずは確認しましょう。

そして、全ての業者が「修理で大丈夫」として提案してきた場合も、恐らく修理費用は異なるハズです。なので概ねの修理費用を把握し、そこから信頼出来る業者の話を聞いていくという形にすると手間を省くことができます。

買い替える場合の費用目安

もうエアコンの部品がなかったり、完全にエアコンの寿命を迎えた時は買い替えを検討せざるを得ません。現在のものに不満がないのであれば、現在と同じ機種の新型を選ぶことだと思います。

ただし、どんな馬力のものを選ぶかによって費用はかなり変わってきます。

天井カセット形4方向吹出 1.5馬力 程度であれば13万円ほどですが

180坪のオフィス向きの30馬力程度は120万円ほどかかるようです。

費用感に大きな差がありますが、大きな馬力になればなるほど工事や必要なエアコンの台数が増えるためどうしても費用が増えてしまいます。

また、設置する環境がオフィスなのか、飲食店なのか、商店なのか、などによっても大きく変わってきます。同じ1.5馬力の業務用エアコンで対応できるのは通常のオフィスであれば10坪程度まで対応可能ですが、飲食店などでは5坪程度が限界です。そのため飲食店などではオフィスに設置する際よりも倍の馬力が必要とお考え下さい。

買い替え注意点1:追加費用の有無

修理同様に当初の見積と支払い金額が大きく違うことのないよう、事前にしっかりと追加費用の有無を確認しておくことをオススメします。出てきた見積に設置費用も含まれてるのかはもちろんのこと、撤去するエアコンの撤去費用や廃棄費用が別途かかったりすることはないか、など後々トラブルになることのないよう注意が必要です。

買い替え注意点2:交渉すれば安くなるケースが多い

新型のエアコン設置となれば、業者にとってはそれなりの金額になる、いわゆるおいしい話です。そのため、どうしても自社で請け負いたいと思う業者さんも多いモノ。

そこで必要なのが、他社と比較することです。お客さんはエアコンの専門家ではないのでいきなり「○○万円以内でやってくれ」と言っても的外れな要望になることが多く相手にされません。そのため、交渉する際には

「いま3社から話を聞いているが、A社の金額は○○円くらい。でも御社に依頼したいのですが○○円になりませんかね」

といった話をすることが重要です。無理に買いたたくと業者さんに嫌われてしまうので、控えてほしいのですが一度交渉してみる価値はあるでしょう。

【買い替え】のメリット・デメリット

メリット

電気代が安くなる

現在のエアコンであれば、省エネに注力されているので10年前のものと比較するとかなりの電気代を削減できるでしょう。しかも、業務用エアコンは毎年5%程度の割合で消費電力が増加していきます。単純計算で10年使用すれば購入当初よりも50%増加することになります。10年前の性能から50%増なので最新の機種と消費電力を比較すると数倍は違う計算になります。古い機種をお使いであれば電気代削減についてはかなり実感できると思います。

最新機能が充実している

従来のエアコンはタダ単にスイッチを入れている間、設定した温度で空調を効かせるというものでしたが、吹き出し口の調整や、人の存在を感知して運転を制御したり計算された気流設計がされていたりと、多くの機能が追加されています。

デメリット

最新機種は高額

やはり新しいモノほど高額になります。あとは馬力や搭載機能によってもさまざまですが、業務用エアコンであれば50万円以上するケースも十分あり得ます。複数台を購入する場合にはそれなりの出費になります。

工事費などが別途かかる

買い替えは修理とは異なり、現在使用しているエアコンを撤去する作業から始まり、新たに設置する作業、撤去した業務用エアコンを処分する作業などが発生します。そのため、そういった作業に対しても別途費用が発生するケースがほとんどです。大規模な入れ替えとなる場合はそういった作業だけで数十万円かかることもあるようなので、本体価格だけではないということは抑えておくとよいでしょう。

【修理】のメリット・デメリット

メリット

低コスト・短期間で復旧できる

修理内容にもよりますが、軽微な修理であれば費用もかなり抑えることができます。また、簡単な作業であれば1日(即日)で復旧するケースも多いです。

デメリット

内容によっては高額になる

コンプレッサーの故障などは「重修理」となるのでかなり高額になります。また、メーカーに修理を依頼した場合、修理ヵ所が分からなかったとしても訪問費用が発生します。

修理しても不具合が出やすい

不具合が発生したヵ所を修理したとしても、長年使っている製品であればまたすぐに他のヵ所で不具合が発生する可能性が非常に高いです。修理をしたタイミングで同時に発見できれば良いですが、そう上手くいかないケースも多いので、こればっかりは運頼みの部分もあります、、、

まとめ

【結論】

購入から7年以上経過しているなら買い替えをオススメ

購入から7年未満程度は修理をオススメ

必ず複数の業者から見積を取る

といった感じです。とはいえ、修理も内容によってはかなり高額になると思いますので一度業者さんとよく相談してください。

そして複数の業者さんに依頼をして、価格面など頑張って交渉することです。3社程から話を聞くだけでも違った提案がでてくると思うのでその中からマッチした業者さんを選ぶ事でより良い選択が出来るはずです。

いっぺんに3社へ問合せするにはこのサイトが便利です。見積依頼をだすのも無料で利用ユーザーには一切のサイト利用料が発生しないようです。(登録業者さんからサイトへ費用を支払っているという仕組みらしいです。)

こういったサイトで一度に効率よく問合せをすることができるので、時間を有効に活用してみて下さい。

 

 

タイトルとURLをコピーしました