結婚式のカメラマンは友人に頼まなくて正解だった理由(ブライダルプロデュース編)

夫婦

結婚式の見積を見ると全体の金額も大きく、どこか削れるところはないかと探しますよね。そのなかでも結構迷うポイントがカメラマンの撮影です。

友人にカメラ好きな人やプロのカメラマンがいたら、来賓も兼ねて依頼したくなると思います。僕らも友人にセミプロのカメラマンがいたので、ゲストを兼ねて依頼をしようと思っていましたが、「グランドオリエンタルみなとみらい」ではいろいろ制約があり、断念しました。

それに友人に頼むなら謝礼はどれくらいなんだろう?

進行表や撮りたいカットなどどうやって伝えればいいのだろう?

など、いろいろ考え始めると途中で面倒くさくなってきたのも事実です。笑

たぶんブライダルプロデュースさん全体での取り決めだと思うので何かの役に立つかもしれないと思い記載しておきます。

最大の難点は挙式中の移動が禁止されている

これはブライダルプロデュースさん全体で決まっている事のようです。その理由は、以前挙式中に移動して撮影していた新郎新婦の友人カメラマンが撮影熱心なあまり、挙式の邪魔になってしまったのだとか。。。

それ以来、式場のカメラマン以外は参列者の席から移動することはNGとなったそうです。式場としても、それなりに進行を分かっている慣れたカメラマンを使いたいというのも一理あります。

スタッフさんには、「カメラマンを使っていただかなくても構いませんが、私個人としては一生に一度の思い出としていい写真を残してほしいと思っています。」

と言われ、友人に頼むことを最後まで悩みましたが、押し売り感のなさと「たしかにそうだよな」と思い、式場のカメラマンに依頼しました。

友人に頼んではいけない理由

機材だけでも圧倒的な差がある

あなたの頼もうと思っている友人が持っている機材は総額いくらくらいでしょうか。広角レンズと望遠レンズを装着したカメラ1台づつにフラッシュ、三脚もしくは一脚、フラッシュ以外の照明器具など装備はあるでしょうか。

結婚式ではこれくらいの装備は普通ですし、全部揃えると余裕で100万円はかかります。

おそらく友人でこれほどの装備を持っている人はいないと思いますし、もし持っているなら、プロになることを薦めてあげてください。笑

結婚式の撮影は難易度が高すぎる

実際にカメラを使ってみると分かるのですが、暗転から急に明るくなったり、両親への手紙ではピンスポットが当たっている状態での撮影など、結構な技術が必要です。

暗いシーンで構えていたら急に新郎新婦後ろのカーテンが開いて逆光に!なんてこともあり、それにすぐに対応するのは素人ではほぼ不可能です。

結婚式の撮影はカメラマンの中でも相当な難易度と言われていて、プロでも難しいものを一般の人に任せるのはちょっと難しいですよね、、、

カメラと言っても得意不得意がある

カメラ好きと言っても静止しているものを撮る「ブツ撮り」が得意な人もいれば、風景を得意とする人もいます。「風景を撮るのが好きなんです」という人からすると、人物の撮影はちょっと難しいかもしれません。一瞬の笑顔や雰囲気を切り取るには狙い澄ました一枚よりも、連写で狙った方が効率的です。

もし友人に依頼することを検討しているなら、そういった人物撮影経験の有無を確認しておくとよいでしょう。

失敗する可能性の方が大きい

私の知人はカメラ好きの知人に披露宴の写真などバシバシ撮ってもらっていたそうですが、終わってみたら、「SDカードが入っていなかった、、」ということがあったそうです。笑

たまたま、プロのカメラマンにも依頼をしていたので難を逃れましたが、その知人がカメラマン代わりだったらもう死罪ですよ。笑

それに撮影した写真が全部ぶれている。といったことも結構あります。暗い場所で撮影するのでシャッタースピードを下げた結果動きに追いつけずブレてしまう感じです。

友人に頼むなら失敗するもんだと思ってください。

ミスをしても追及できない

何よりもこれが一番です。もし写真が全部ぶれていても、SDカードを入れ忘れていても、その友人を責められますか?なかなか厳しいですよね。

関係性もありますし、善意でやってくれているのでなかなか追求しづらい部分があると思います。それにその後の関係性が崩れてしまう可能性も高いです。

式場のカメラマンに依頼したほうがいい

友人に頼むかとどうか迷っているなら、多少費用がかかってもプロに任せた方がいいです。絶対。

式場が手配してくれるカメラマンは

挙式中の移動が許されている

スタッフとの連携がとれているのでスムーズ

万が一ミスしても費用の弁済がある

など、いろいろとメリットがたくさんあります。特に「挙式中の移動が許されている」というのは大きいです。それが制限されている場合写真が全部同じアングルになってしまい、非常につまらないものになってしまいます。

もしフォトブックを作らないとしても、アングルは豊富にあった方が明らかに見栄えもいいです。

▼合わせて読みたい▼

結婚式のアルバムは自分でつくればかなりお得になる

友人関係を大事にしたいならプロに任せろ!

たぶんどのサイトでも、「友人よりもプロに任せた方がいい」という結論だと思いますが、実際にプランナーサンの話しを聞いてみると、制約が多いですし、ゲストでありながらカメラマンというのは正直結構辛いと思います。

私が声をかけていた友人も後日

友人:「いやー、やっぱりカメラマンやらなくてよかったわ。式に集中できないし失敗しちゃいけないってプレッシャーがすごいもん。」

と言っていました。

初めは「やってくれと言うならやるよ」といっていた友人も、実際は結構重荷になっていたんだなと反省、、、、

出来るだけ費用を抑えたい気持ちは痛いほど分かりますが、友人に頼むくらいならプロに任せましょう。友人関係はカネでは買えませんからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました