更新月でもauからY!mobileに乗り換えなかった唯一の理由

お金

auでiPhoneを購入し早2年。更新月がやってきたので格安スマホの一種と言われるY!mobileに乗り換え検討していました。

携帯ショップに行っていろいろと話を聞いた結果、結局その場で契約はしませんでした。
合理的に考えれば絶対に契約した方が良い内容。

でも正直なんで契約しなかった自分でもよく分からず、半日くらい悩みやっと答えが出ました。

なぜその場で乗り換えなかったのか

結論から先に書くと、

この店員さんから買いたくなかった。

です。その理由と経緯を書いていきます。

更新月を迎え、auからY!mobileに乗り換えを決意

今までauのiPhoneを使っていましたが、今回2年に1度の更新月がやってきたのでこれを期に、キャリアの乗り換えを考えていました。

妻もY!mobileなのできっといろいろな恩恵があるはずッ!!
やっとこの高い携帯代から解放されるぜ!!!

そう思って期待に胸を膨らませ、ドキがムネムネしながら携帯ショップへ。

今回は週末と言うこともあって、あえて池袋のヤマダ電気に行く事にしました。そっちのほうがいろいろと交渉しやすいと踏んだからです。

案の定即行で声をかけられ、立ち話をしていると

店「何かお探しですか?」
私「Y!mobilに乗り換えを考えてるんです。」
店「なら、今だとこの最近機種(HUAWEI P20 lite)に割引が入るので、端末代金を実質500円で買うことができますよ~。」
私「へー。それで月々いくら位になるんですかね」
店「じゃあ1度お見積を出すので、飲み物でも飲みながらこちらでどうですか」

と案内され、あれよあれよと着席してしまいました。

着席後は15分間延々とプランの話をされた

着席すると早速プランの説明にはいった。

「HUAWEI P20 lite は、現在お客様がご利用しているiPhone6sよりも性能的には高性能で、かなりお買い得です。値段的にも初年度が3200円くらいで、2年目は4000円くらいになります。」

私「へぇーそうなんすね。今4000円くらいなのでそこまでべらぼうに下がるわけでもないんですね。やっぱりマイネオさん程は難しいんですね。」

「マイネオさんとかの格安SIMフリーは通信速度とかの問題が大きいんです。docomoさんなどの回線を間借りしてるので、通信規制などが入ったり地下鉄は電波がほとんど入らないみたいですよ。」

私「そうなんですか。家族もY!mobileだったらなんか特典ってあったりするんですか?」

「もちろんあります!あ、お隣の方もしかしてご家族さま。。。?」

私「あ、私の妻でY!mobile使ってます」

店「あ、そうだったんですね!それであれば、家族割りが入るので副回線は500円割引になります。なので、端末代金も実質無料という形になります。」

店「あと、お客さまの通信状況だと多分、そういった他の格安SIMと呼ばれるやつを使っても、こっちの家族割を入れて計算すると、300円ほどしか差が無いと思います。」

なるほど。

ここまでの話をまとめると

  1. 家族割りを使って最新機種が実質無料
    (今の携帯が壊れた時のサブとしても使える)
  2. マイネオよりも300円だけ高い
  3. でも通信は遅くならない
  4. 初年度は3200円/月くらい
  5. 次年度は4300円/月くらい

といった感じ。まぁ悪くない。言ってることも筋が通ってるし理解できる。
とはいえ、まぁここからが本番。

キャッシュバックはどれくらい?

お決まりの交渉材料である、現金かギフトカードによる「キャッシュバック」

「今日決めてくれるなら、通常よりも多めにキャッシュバックだします」

私「いくらっすか?(いや、今日はそのつもりで来たわけじゃないのにな、、、)」

そして提示された金額は通常5,000円のところを10,000円出すとのこと。

ほう。悪くないじゃないか。

通信回線は安定し、機種も最新or今のものを使い続けられる。
しかも月額は今よりも安くなる。

さらに、10,000円のキャッシュバックなら月額換算で約400円ちょっとは安くなる計算だ。

しかもしかも、来月から6GBのプランで9GBまで使えるというじゃないか。
もはや願ったり叶ったりで申し分ない。

いや、もはや変えない理由が見つからない。

強いて言うなら、auの方が日割り計算をしてくれないという程度だ。
といっても4000円くらいの話なので、別に大した話じゃない。

でも

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

なんかヤダ。笑

なぜか、断る理由を探してしまう。

特にコレと言った明確な理由はなく、強いて言うならその店員さんのいうことがホントなのか自分で調べてみたいということくらいだ。

そりゃ、楽天モバイルのショップに行けば、「ウチが最高です!!」と言うだろうし、UQモバイルにいけば「Y!mobileよりもウチの方が良い!!!」というに決まってる。

だからこそ、自分で調べたいと。

どこにも肩入れしないSIMフリーの専任現る

そんな話をしたら、

「じゃあ、どこにも肩入れしないSIMフリーの担当を呼ぶので1度、情報収集のために話を聞いてみませんか?」

ということで

▼見た目▼
30代前半・オタク・コミュ力が心配・爪長い

といった感じのSIMフリーの担当が表れました。

ただ、そんな見た目にも関わらず、ムチャクチャ詳しい
具体的な数値がポンポン出てくるし、何を聞いても明確な答えを即答する。

 

さすがやん。オタク。

 

簡単に話をまとめるとこんな感じ

・Y!mobileとUQモバイル vs SIMフリーの格安スマホといった感じ
UQモバイルは3G回線を使えない
(そのため4G圏内を外れると一発で圏外)
・上記の2つ以外はどこを使っても通信の問題あり
8~10時&12~13時&18~21時はほぼつながらない
・格安スマホは通話料が青天井
(ワイモバイルは定額プランあり)
LINEの通話も通信なので通信制御時間中は通話不可
・格安スマホでテザリングも可
・でも制御時間中はつながらないと思ったほうがいい(たぶん検出不可)
・Y!mobileならその問題はない(ソフトバンクと同一回線のため。)
・費用の差は300円/月くらいY!mobileが高い
Wi-Fiを持ってるならSIMフリーのほうがいい
・ゲームに課金する人はSIMフリーはNG
(課金に必要な年齢認証?ができないらしい。)
SIMフリーは千代田線、副都心線、大江戸線の地下鉄では電波が入らない
・3大キャリアとY!mobileだけは大丈夫

なるほど。
結局は「」をとるか「安さ」をとるかなんすよね。

他にも基地局の話や、楽天モバイルなどの話で盛り上がりましたが話がややこしくなるので割愛します。

私はテザリングでPC繋いだり、仕事柄外にでることも多いので電波が入らないのはかなり困る。訪問先の住所とかマップで見れないと無理。

なので、どう考えてもY!mobileしか選択肢はないんですよね。

ここで再び担当の店員さんがカムバックしてきた。

最終的には契約を断った

店員さん戻ってくるなり
店「じゃあ先ほどのプランで進めますねー

私「え??? 契約するとは言ってないですけど?

店「あれ?そうなんですか?」

慌てて先ほどのオタクと話を始める。そしてあきらめの一言。

店「分かりました。。。キャッシュバックで14,000円出るとしてもやらないですよね。」

私「やらないッスね。(14,000円はちょっと魅力的だけど、ここで負けたくない、、、)」

そんなこんなで名刺をもらってその場は終結。
お店をでてから「なぜ契約しなかったのか」自分でも不思議でした。だって条件的には間違いなく得をするし間違っても損はしない

念のため言っておくと私は、社内でも超がつくほど合理主義と言われます。でも契約しなかった。

押し売りされている感覚があったから断った

理由は大きく2つあった。

【理由1】押し売り感があった

店「今ならこの最新端末が月々500円で~~」

そもそも端末はそのまま使いたいし、別に最新端末じゃ無くてもいい。
こちらの悩みや、現状をヒアリングすること無く話が進んでいった感じがすごかった。

後々になって考えてみれば、会話がスタートしてから、15分くらいは話を一方的に聞いていたと思う。半ばうんざりしながら聞いていた感覚すらあった。

更新月がくる前に別の店員さんに話を聞いたことがありましたが、その時はこっちがかなり喋っていた感じすらありました。今思えば、その時のほうが変えようと思う気持ちが強かったです。

【理由2】だんだんテンションが冷めた

いろいろ聞くうちに、「なんかもういいや」となってしまったことも大きな原因かもしれません。一方的に聞くだけでこちらの、悩みに対して解決策を示してくれるわけでもない。

そもそも、ここにきた理由も、携帯を変えたいというより固定費を抑えたいというのが第一の出発点なわけです。

その状態で「ウチのプランは素晴らしい!」みたいな話をされても、「いや見比べたいんですけど。。。」となってしまったわけです。

結局、携帯をほしい人はいない

ほとんどの人が、「どうしてもauにしたい!!!」なんて思わないはずです。

安くなるなら安くしたい。
性能も維持出来るなら維持したい。
通信も問題無ければOK。

くらいに思いませんか?

それぞれの悩みに対して、
「それならこのプランがいいですよ。」
と勧めてくれたほうがよっぽど聞く耳もちます。

だって自分のために勧めてくれているんですから。
携帯ショップの人に限らず、これってすべての営業に言えることだと思うんです。

スーツ売り場だって、スーツを買いにくる理由は人それぞれ

・薄手のやつがほしい
→仕事でジャケットきる?固い仕事?洗える方がいい?

・暗めのやつばっかりで明るいのがほしい
→仕事は何系?なんでいままで暗めが多かった?

とか質問すれば、「じゃあ貴方にはこれが合ってますよ」と勧められるし、世の中のサービスはすべてこれに行き着くと思うんです。

一生懸命営業トーク覚えても、話すだけじゃ意味が無い。
まずは課題を聞くこと!

なんなら、

「なんで今日来たんですか?」

くらいダイレクトに聞いてほしい。

というか営業としてこの土日でめちゃくちゃ貴重な経験をしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました